2009年06月26日

『パチ漫三国志』発売!!

ジャーンジャーン(ドラの音)。

みなさま!!
あのかわかずお先生の作品集『パチ漫三国志』(洋泉社)、
ついに発売となりました…!!


この『パチ漫』、作者のかわかずお氏が、数々の大物マンガ家たちの生き霊を勝手に憑依させて(?)、絵柄に加え、ストーリーの組み立て方、コマ割合まで似せることを意識して描かれたパロディならぬ“パチ漫”作品集。

読みたくてたまらず
掲載誌の『裏BUBUKA』を古本屋にて見つけたものの
後編の掲載誌を見つけられずほぞをかんでいた
横山三国志のテイストを見事に再現した

「キャバクラ三国志」
も、
バッチリ収録されております…!!


そしてあろうことか、
続編(?)ともいえる

「風俗三国志」

まで掲載!!(あわわ…あわわ…あわわわわ)
横山三国志好きなら

読みのがすべからず!!

今回も解説は、長谷邦夫先生!!


ちょっと装丁がシブすぎて書店で目立つか心配ですが
(ファン故のよけいな心配ですいません)、
三国志以外にも、

★「書いた名前の人が幸運になる」ノートを拾った少年の話「ラッキーノート
(とんでも!ラッキーマン」のガモウひろし調の絵柄…)

★O友調の絵柄で挑む「AKIBA」

★早乙女愛を助けた大河まことは「まことちゃん」(グワシ!)という
斬新な設定の「愛とまこと」


などなど、力作ぞろい。
パチ漫三国志 ~かわかずお作品集Part.2


『パチ漫三国志』、お見逃しなく!!


ちなみに一作目である『パチ漫』について書いた過去エントリはこちらhttp://mangalove.seesaa.net/article/17137103.html
          ↓
2006年04月28日
『パチ漫』発売!!…とそれをめぐる悲劇
http://mangalove.seesaa.net/article/17137103.html

★「悲劇」とは、
すごく簡単に言うと、
地元書店で『パチ漫』を買い損ねた故に店員さんに記憶されてしまい、
次回書店に行った際、

「あ、『パチ漫』のお客様ですよね!?」

というありえない呼びかけをされ、
しかもそのときに私が書店レジに出していたのが
よりによって『麗人』(BL誌)だった、という
マンガみたいな体験のことであります。

でももうそこは引っ越したので、
今ではいい思い出です!!
泣いてなんかいまセン!!(必死)


パチ漫―かわかずお作品集
posted by 川原和子 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。