2010年04月11日

【映画】シャッターアイランド

いきなりで恐縮ですが、我が家には、家庭内映画部というのがあります。


映画部。

…っていってもまあ、
単に、映画好きの夫からトートツに

「この映画を見ます」という指令が下されて、
(主に私がひきずられるよーに)
映画を見に行く活動、なんですが、

部活だと思わないとやってられないくらい
いろいろ無駄に本気(?)というか…
無駄にツラい大人の部活です。


どう無駄に本気なのかはまたの機会にお話しさせていただきますが、
それはそれとして、
いつもは部長(夫)の気迫にひきずられて映画を見てる、というか
どうも、
いまひとつ映画に興味が薄い私も
珍しく楽しみにしていたのが、
レオナルド・ディカプリオ主演、
スコセッシ監督の「シャッターアイランド」


精神を病んだ犯罪者だけを収容する施設がある孤島・シャッターアイランドを舞台に、
謎に満ちた失踪事件を捜査するためにやってきた連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)……。
彼は、事件の謎を解決できるのか?


…というかんじの、めちゃ面白そうな設定の映画なんですが。



……あのう……すみません……


……宣伝が………予告が………


あまりにもネタバレだと思います!!!(いまさらですが、一応反転してます)




予告を見たときに夫が

「まさかコレ、
●●●●●●が●●、ってオチじゃないよねぇ」

と言ったんですが…………



………そのまんま……でしたよ………。


あんまりドゥ!
と、
夫婦して、松尾芭蕉(@増田こうすけ『ギャグマンガ日和』2巻参照)のよーに
叫んでしまいそうなくらいです…!!



いえ、謎解きだけの映画じゃないので
いいといえばいいんですけど………


家庭内映画部的には、

あの宣伝はちょっと、と思う次第であります。


でも、絵的には非常にみどころの多い映画だと思いますが。


つれあいはショックのあまり、

「宣伝のおかげで、ラストがすっかり予測できて、
恐がりの私でも全然
怖くなく見られました★

…ってのはどうでしょう


と言い出す始末。


いや、どうでしょう、って言われても。
誰に対してどう配慮して言ってるのかその感想。



それにしても、ディカプリオって、
いいトシなのに、なんか「子どもが大人ぶってる」感が
抜けないなぁ…。
童顔というのも難しいものですね。
posted by 川原和子 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(2) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146261891

この記事へのトラックバック

『シャッターアイランド』お薦め映画
Excerpt: 人間の心こそ最大のミステリー。何分で仕掛けに気づくか、同伴者と競うも良し。ラストについて、自説を語るも良し。または肩ひじ張らず、素直に観てしっかり騙されるのも楽しいお薦め作品だ。
Weblog: 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
Tracked: 2010-04-17 20:23

『シャッターアイランド』 | 2回観て、初めて分かるセリフの意味
Excerpt: 鑑賞1回目(字幕版) 「人間の脳はだまされやすいです」 「表情に気をつけて観てください」 「結末の驚きは、未見の方に話さないでください」 という注意が冒頭で出る。 物語の..
Weblog: 23:30の雑記帳
Tracked: 2010-04-23 23:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。