2010年04月23日

【映画】「ダーリンは外国人」、楽しかったです!

 小栗左多里さんのエッセイ漫画「ダーリンは外国人」実写映画
現在公開中ですが、
いや、これはなかなかの良作だと思います。


…って、なんかヤなかんじの言い方でスミマセン。


いやほら、なんせマンガ好きって、

「マンガの実写映画化」ではつら〜〜〜〜〜い目にあうことも多いから、
つい警戒しがちになるんですが、
原作の楽しいエッセンスを残しつつ
映画ならではのカタルシスも味わえる
笑って泣ける佳作になっていると思います。
オススメです。



ところで、
本作のレビューを「シネマレビュー」というサイトで
山田井ユウキさんという方がお書きになっているのですが、
この中で、次のようなスルドい指摘をされています。


ちなみにタイトルやあらすじだけ見ると、本作は「日本と外国の文化の違い」をユーモラスに描いている作品だと思われがちだが、それはちょっと違う。トニーはとても個性的で、「外国人」として一般化できるようなキャラクターではないからだ。たとえば劇中でトニーが「抜かれるなら、度肝がいいよね!」といった面白フレーズを連発するのだが、それは彼が外国人であることとは関係なく、語学オタクであるからこそ出てくる発想だろう。なので、タイトルを正確に言うなら「ダーリンは外国人」ではなく、「ダーリンは(外国人としてもちょっと変わったオモシロ)外国人」となるだろうか。


http://www.hollywood-ch.com/review/10040804.html?cut_page=1&sep_page=0
http://www.hollywood-ch.com/review/10040804.html?cut_page=1&sep_page=1


この指摘には
思わず、そうそう!!と頷いたのですが、
この部分を読んで、
私が前に勤めていた会社の元上司との会話を思い出しました。


オタクが多いことで有名なその会社の中でも
オタク度のことのほか高いその上司と
「ダーリンは外国人」の話になったとき、
彼は


「あれなぁ、別にダーリンが外国人であること
あんまり関係ないやん

男ってああいうもんやんか


とおっしゃったのですが、
私は即座に


「いえ、男って
じゃなくて

オタクって、です!!」

と心の中でツッコんだのでした………。


そんなダーリン・トニーさんの語学オタクっぷりも楽しい
「ダーリンは外国人」映画版、
公開中です。



●映画版「ダーリンは外国人」公式サイト
http://www.darling-movie.com/index.html
posted by 川原和子 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147452950

この記事へのトラックバック

『ダーリンは外国人』の後味は?
Excerpt:  「ぶん殴る」の「ぶん」て何だろう?  アメリカから来たダーリンの質問には、日本に生まれ育った人でもタジタジである。  しかし、言...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-04-29 12:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。