2006年06月18日

「トイレの親切心」に、思う

出先のトイレで順番待ちをしていると、なぜか中に入ってる人が、個室のドアを少しだけ開けてまた閉めて…という動作をされるので「?」と思っていたら、ドアを開けて出てきた50歳くらいの女性が意を決したように、

「トイレの流し方がわからないんですけど…

と話しかけてこられました。

えっ、と驚いて一緒に個室に入ってみたら、…えーと、親切にも、「流すボタンはこちらです」という貼り紙が複数あるんだけど、肝心のボタンがなぜか、わかりづらい。
よくよく見たら、その「流すボタン」の上に、ごていねいにも「大のボタン」「小のボタン」とテープに手書きで書いたものが貼ってあって、これが、親切の逆効果でかえってわかりづらいんですよね。

まあ、一応発見できたので、

「あ、ここですここです、ここを押すみたいですよ」
「あ、そうなんですね」

と、無事処理できて、事なきを得ました。



が。


親切のつもりが、かえって逆効果

とか、

わかりやすくしようとして、かえってわかりづらくなる

…って、あるよなあ、日常に、けっこう。
と、思いました。
今回のトイレの「流すボタン」で言うと、いっそ「大」「小」ってでっかい文字でそっけなく書いてあるだけの方が、ずっとわかりやすいような。


ずばっと、要点だけ。
直感的に。
わかりやすく。
…って、ときに、すごく大事ですね。

…私も、知らず知らずのうちに、まわりくどくなってること、多いかも。
気をつけねば、と思いました。


posted by 川原和子 at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それ、すっごくそう思います。
スパっと用件だけ言ってくれればいいのにって。
でも、私がスパっと言うと、
ときどきビックリされちゃうの。
まわりくどい性格に見られてるらしい…(^^;

新潟での報告も楽しみにしています。
Posted by リル at 2006年07月02日 10:55
>リルさま
>でも、私がスパっと言うと、
>ときどきビックリされちゃうの。
>まわりくどい性格に見られてるらしい…(^^;

あはは。
リルさん、楚々として優しい印象ですから、スパッと言われると「え!?」って思われるのかもしれませんね。
ビックリする方のお気持ちも、ちょっとわかる気がします(笑)。


>新潟での報告も楽しみにしています。

非常に充実した大会でした!
なんかもう語りきれないんですが、感想をアップしましたので、よろしかったらご覧下さいませ。
Posted by 川原和子 at 2006年07月04日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。