2011年04月29日

NTT出版webマガジンの連載、更新。

NTT出版webマガジンで
連載させていただいている
おすすめマンガ時評
「此れ読まずにナニを読む?」、
更新していただいてます。


今回は、
羽海野チカ

『三月のライオン』(白泉社)

http://www.nttpub.co.jp/webnttpub/contents/comic/074.html

をとりあげています。



フィクションという「うそ」の存在する意味って、
いったいなんだろう?
どういうことなんだろう?
という、
あきらかに自分の手に余る大きな問いに対する
いまの自分の正直な考えを書きました。

よかったら、読んでみてください。
posted by 川原和子 at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽海野先生のTwitterから知り読ませていただきました。

私の本当に大切な作品なので感想を読みがら感激しました。

わかりやすい言葉で解説、大切に作品を読んでくださってるのがわかります。

ありがとうございます!

毎日読み直して日々違うところが心に残ります。

プロフェッショナルな世界と日常…大切な部分はどこかでつながっている。

日々をきちんと真摯に生きなければ…と羽海野先生の作品はいつも気づかせてくれます。
Posted by ステラ at 2011年04月29日 16:00
>ステラさま
読んでくださった上に、
嬉しいコメントを
本当にありがとうございました!!
自分の言葉が届いた!と思えて、
とても励みになりました。
感激です。
Posted by 川原和子 at 2011年05月01日 07:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。