2011年10月01日

NTT出版webマガジンの連載、更新。

NTT出版webマガジンで
連載させていただいている
おすすめマンガ時評
「此れ読まずにナニを読む?」、
更新していただいてます。


今回は、

もとなおこ

『コルセットに翼』
(秋田書店)

http://www.nttpub.co.jp/webnttpub/contents/comic/080.html
をとりあげています。

19世紀末から20世紀はじめの英国を舞台にした
凛々しい少女たちのお話です。





ミスター・バードの声は、
私の脳内(の妄想)では
池田秀一さんです。
って、どうでもいい情報ですいません。

★☆★☆★☆

本作を私に教えてくださった
素敵な本を書かれている大学の先生は、
日本女子大学の川端有子先生。

川端先生の

『少女小説から世界が見える
ペリーヌはなぜ英語が話せたか
(河出書房新社)

という本、すごく面白いです。



十九世紀の終わりから二十世紀にかけて
欧米で書かれた少女向けの家庭小説、
『少女小説』の
代表的な作品をとりあげて論じておられるんですが、
誰もがなんとなく知っている作品たち
(「若草物語」、「「家なき娘」、「小公女」、「赤毛のアン」、「あしながおじさん」)
を作者も含めて検討しておられます。


私(1968年生まれ)くらいの世代だと
アニメの刷り込みもけっこう大きいんだな、とか、
「へぇ〜、『家なき娘』のヒロインのペリーヌって
バイリンガルのキャリアガールだったんだ!」

とか、

「『小公女』のセーラって、原作ではけっこうクセが強いんだ」

とか、発見がいっぱいあります。
しかも文章が端麗で気持ちいい。

このジャンルに興味がある方はぜひご一読を!

★☆★☆
9/6のTBSラジオの「小島慶子のキラ☆キラ」
という番組に呼んで頂いたときも、
オススメ三作のうちの一作として
「コルセット…」をご紹介させていただきました。
http://www.tbsradio.jp/kirakira/2011/09/20110906-2.html
(ポッドキャストで聴いて頂けます)
posted by 川原和子 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228282109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。