2007年04月27日

ちゃんとしよう。

 ここのところの気温の乱高下も手伝ってか、体調が微妙だったので、指圧へ。
はぁ〜効く〜、と思って帰ってくると、あらー。
すごいスッキリしてました。


うん、やっぱり体の調子って大事だよね、とここのところの不摂生を大反省。


そしてふと、西田東の『彼の肖像』(新書館)のセリフを思い出しました。


野心家の新進画家である麻生。
名のある画家に弟子入りして取り入ることを画策したり、いろんな計略をめぐらせるけれど、それらはすべて、基盤を持たない自分が絵を描いていくことへの情熱ゆえ。

自分には絵だけでいい。面倒な欲求を満たす必要のある体なんか、なくなってしまえばいい、
「右手と目だけの生き物になれたらな」
「ただ絵を描いていられたら」

と言う麻生の言葉を聞いて、ヘタレお坊ちゃん画家の夏樹が言うのが、こんなセリフ。



……俺にはよくわかんねえけど
あんたの絵
何か凄く訴えかけてくるものは感じたよ

……あれはメシ食ってクソしてる人間にしか描けないよ


★★★★★
うん。
やっぱりメシとか……とか、そういう体のことは、大事だ。
ガタがこないとなかなか意識できないけど、ガタが来る前に、なるべく意識していこう、と思いました。



彼の肖像
彼の肖像
posted with amazlet on 07.04.27
西田 東
新書館 (2004/07/30)
売り上げランキング: 108634

posted by 川原和子 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | BL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40221241

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。