2007年07月02日

『Honey Bitter』

日曜日の朝日新聞の読書欄にあるコミックガイドでは、ササキバラ・ゴウ氏と南信長氏が、毎週交替でさまざまなマンガを取りあげておられます。

6/24には、ササキバラ・ゴウ氏が小花美穂『Honey Bitter』について評しておられて、面白そう!とさっそく1,2巻を買ってきて、読みました。
…そこで「つ、続きが気になる!!」と止まらなくなり、またたくまに全巻(といっても今出てるのは4巻までですが)そろえてしまいました。
うーん、…面白い!!


 他人の心の中が読める特殊な能力をもった主人公、珠里(シュリ)。そんな彼女はその能力を活かして叔母の探偵事務所で働くことで、さまざまな事件と関わるが…。

…という、ジャンルとしてはサスペンスでもあり活劇ものと言ってもいいような内容ですが、そこは小花美穂。

代表作『こどものおもちゃ』もそうですが、とてもかわいい絵柄でシビアな問題まで踏み込んでいく姿勢は、この作品でも変わっていません。
人の心がわかってしまう、という特殊設定のヒロイン・珠里(シュリ)が、その能力をつかって大活躍!ということに焦点をあわせるというよりは、そのことによって背負うリスクをどう克服するか、とか、好きな人との恋愛であっても否応なく負ってしまう傷をどう乗り越えるのか、といった点が丹念に描かれていて、これぞ少女マンガの醍醐味!という感じがします。
ササキバラさんも書かれていましたが、これは特別な能力をもっている女の子の話だけれど、同時に他人事ではなくて、感じやすい感受性を抱えた人が、どう現実を生き抜くのかを模索している姿なんだ。
そう思える作品になってます。


あとがきによると、小花さん、腱鞘炎や育児などでなかなか執筆も難航しておられるようですが、無理なさらず、しかし続きが読みたいファン心に応えて欲しい……と、読者は勝手なことを思ってしまうのでした。


Honey Bitter 1 (1)
Honey Bitter 1 (1)
posted with amazlet on 07.07.01
小花 美穂
集英社 (2004/06/15)
posted by 川原和子 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 少女マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46402619

この記事へのトラックバック


Excerpt: 育児漫画育児コミックとは、育児に関する題材を扱い、子供を持つ女性を主な対象として想定した漫画。主として妊婦、乳幼児を抱えた母親向けの育児雑誌に連載されて、限定された読者層を対象としたコミック。「育児マ..
Weblog: このマンガが読みたい!
Tracked: 2007-07-25 13:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。