2007年08月01日

父よ…!

8月ですねー。
8月の花、といえばひまわりですが(強引な話の展開)、『モーニング』連載の東村アキコ『ひまわりっ 健一レジェンド』(講談社)は面白いですねー。


コレ、友人のマンガ研究者・ヤマダトモコさんが面白い!とおっしゃっていたので買いに走って読んだのですが、主人公アキコの父・健一の、想像のななめ上をいくすっとんきょうさに毎回、爆笑です(植木屋さんの健一くんの天然ぶりもいい。そして、かっこいい)。



しかし……これを読んでいて、私も思い出したんですけどね……そう、あれは、わたくしが結婚することになったときのこと。


結婚相手が同じ高校出身だったので、せっかくだから、と、仲人は同じく高校の先輩夫妻(お二人ともこれまた同じ高校出身)にお願いすることにしました。


あるとき、先輩(男性。2学年上)と電話で打ち合わせをしていて、私の父に、

「仲人をお願いした先輩だから、ご挨拶して」

と受話器を渡したのですが、父は何を思ったか、いきなり


「あ、どうも、和子の父の和子です


と口走ったのでした。



「………ちょっと!!お父さん!!
お父さんは和子じゃないよ!!
和子は私!!


とすかさず突っ込んだわたくし。


………なんか、……父、あわてちゃったんでしょうかね………(遠い目)。
まあ披露宴では「和子です」と言ってなかったので………許して……くださ……い……。
お父さん……自分を……見失わないで………
和子は……私……です……よ……。


しかし、気の毒だったのは、仲人ではあるものの当時まだ20代の先輩です。
一応自分の親世代であるわたくしの父の、あまりにシュールな挨拶に、笑うわけにもいかない、という遠慮もあり、受話器のむこうで笑いをこらえてふるえておられたことでしょう……。



先輩……あのときは苦しい思いをさせて………本当に……すいません……でした……。




まあそんなことはどうでもいいんですが(?)、『ひまわりっ』、面白いですよ!というお話でした!!


ひまわりっ~健一レジェンド~ 1 (1)
東村 アキコ
講談社 (2006/05/23)
ひまわりっ~健一レジェンド~ 2 (2)
東村 アキコ
講談社 (2006/08/23)
ひまわりっ~健一レジェンド~ 3 (3)
東村 アキコ
講談社 (2007/01/15)


posted by 川原和子 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。