2008年06月06日

訃報:氷室冴子さん

作家の氷室冴子さんが、お亡くなりになったそうです。

http://www.asahi.com/obituaries/update/0606/TKY200806060232.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080606-00000049-yom-soci

★★★
氷室さんの小説、
中学、高校の頃にコバルト文庫で「なんて面白いんだ!」と
ガツガツと読んでいました。

同時に、もう少し年齢を重ねて社会に出る頃からは、
氷室さんのエッセイも愛読していました。


自分が、学校を卒業し、世の中へ出て行く入り口のあたりで、
不器用にうろうろしながらいろんなものにぶつかり
途方に暮れた気持ちでいるときに、

「あー、なにやってるの、それは正面から行ったら玉砕だから!!
こうやるといいのよ」

と背中をどやしながら
でも、そっと耳元で教えてくれる、剛胆で、繊細な、元気なオネーサン。

私にとっての氷室さんは、なんか、そんなかんじの存在でした。
ご自身はそーゆー世の荒波をもろにかぶりつつも、
「かぶらなくていい波はかぶらなくていいんだからね!」
って教えてくれる、理想主義なのに現実的。
そーゆうオネーサンです。


いつかどこかでお目にかかることがあったら、
一方的に感じてた「恩義」のお礼を言いたかった。
そんな漠然とした思いも
かなわなくなってしまいました。


心より、ご冥福をお祈りいたします。


posted by 川原和子 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。