2010年07月22日

【夫よ…!!】お金、お金がほしい。

数年前、福岡の夫の実家へ行ったときに
義母から、
発掘された「夫が昔書いた作文」をもらいました。

たぶん小学校3,4年生の頃の作品だと思うんですが、
「ぼくのいもうと」というタイトル。


夫はどうも家族の年齢や誕生日とかに関心の薄い人間なんですが、
もうこのころから

「ぼくのいもうとの名前は、○○子といいます。かん字で
かくときは、どんな字かというとしらないけれど名前だけは、なんとか
おぼえています」

とか、

わすれていたけどとしは、4さいか3さいで、
4がつが生まれた月です」

とか、どうにもぼんやりした感じの描写が随所に。
「名前だけは、なんとかおぼえています」って、
大丈夫なのかこの小学生。と、ひとごとながら
心配になります。


で、この作文、「ぼくのいもうとのいけないところは」とか
「きらいなところは」とか、
何故かどーにも切り口がネガティブなんですが、

なにかかいたいときにいつも
『お金、お金がほしい。』
と言って、なくのがうちのいもうとのわるいところです。」

という文章には、思わず爆笑。
「お金、お金がほしい」って、すごい生々しい言葉だよなぁ
(ちなみに
妹さんは、いまはまったくそんな感じではなくて、
美しく幸せそうな人妻&やさしいお母さんになっておられます)。


一方、この作文が発掘された頃、
私たち夫婦は、当時住んでいた川崎市から
引っ越し先を探して
東京のいろんな場所を二人で歩き回っていたのですが、
行く先々の不動産屋さんをのぞいては
「やっぱり都内の家賃は高い!!」とため息をついておりました。


そんなわけで思わず、
「お金、お金がほしい」 と気が付くと口走っていた我々夫婦。

…生々しきこと、幼児の比ではないのでした……。



★★★
最近もなにかといえばつい、

「お金、お金がほしい」

と口走ってしまうわたくしですが、
あまり言い過ぎると、夫に

「なにかかいたいときにいつも
『お金、お金がほしい。』
と言って、
なくのがうちの妻のわるいところです。」

作文に書かれてしまいそうなので
なるべく言わないようにしたいと思います。
posted by 川原和子 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

【夫よ…!!】メール。

二ヶ月で5s太った夫から、昨日、



「ズボン裂けなう。」



というメールが来た。




絶望した。





※「幸い、お尻じゃないです。」とゆう但し書きあり。
なぜかふくらはぎのところの縫製が
とれてしまってました……。
posted by 川原和子 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

会話が続かない…

 先日ユニクロに行ったら、「トムとジェリー」のコラボTシャツを売っていました。

つれあいが「トムとジェリー」好きなので、
家庭の会話の糸口にしようと

「そういえばこのあいだ、ユニクロに『トムとジェリー』Tシャツ売ってたよ」

と軽く切り出すと、夫から返ってきたのは、

「それは、なん年代の作画の絵柄ですか?」

とのひとことでした。



…………知らねぇよ。


「私は、40年代の絵柄が好きなんですよね

って言われても……。






だいたい、我が家では、
会話を弾ませようとふった話題で、
会話がぶったぎられることが多いです。
キャッチボールするつもりが
ものすごい勢いで打ち返されて、顔面直撃
そんな…心境……で…す。




そういえば、以前、夫と話をしていて


「好きなUMA(未確認動物)は?」


という話題になり
(夫は「私はイッシーかな」とかゆってました)、
よく知らないなりに話題をつなごうと


「私は…グレイタイプかなあ…」


とつぶやいたところ、夫にものすごい剣幕で、


「宇宙人はUMAじゃない!!」


と怒られました。


す、すみませ………。


……でもこれって、……そんなすごい勢いで怒られるほどの……致命的な…間違い…なんでしょうか…。
常識?常識なの?




人生にはなにが起こるかわかりません。

みなさんも、いつ「好きなUMA」を尋ねられてもいいように、
その日に備えて、
答えを準備しておくことをオススメします………ッ!!

宇宙人はUMAじゃないですから、ご注意を!!(ヤケ)
私はこんど尋ねられたら、ビッグフットと答えます。
カンペキです。



……あれ以来、「好きなUMA」を訊かれたことは、まだありません。
posted by 川原和子 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

【映画】シャッターアイランド

いきなりで恐縮ですが、我が家には、家庭内映画部というのがあります。


映画部。

…っていってもまあ、
単に、映画好きの夫からトートツに

「この映画を見ます」という指令が下されて、
(主に私がひきずられるよーに)
映画を見に行く活動、なんですが、

部活だと思わないとやってられないくらい
いろいろ無駄に本気(?)というか…
無駄にツラい大人の部活です。


どう無駄に本気なのかはまたの機会にお話しさせていただきますが、
それはそれとして、
いつもは部長(夫)の気迫にひきずられて映画を見てる、というか
どうも、
いまひとつ映画に興味が薄い私も
珍しく楽しみにしていたのが、
レオナルド・ディカプリオ主演、
スコセッシ監督の「シャッターアイランド」


精神を病んだ犯罪者だけを収容する施設がある孤島・シャッターアイランドを舞台に、
謎に満ちた失踪事件を捜査するためにやってきた連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)……。
彼は、事件の謎を解決できるのか?


…というかんじの、めちゃ面白そうな設定の映画なんですが。



……あのう……すみません……


……宣伝が………予告が………


あまりにもネタバレだと思います!!!(いまさらですが、一応反転してます)




予告を見たときに夫が

「まさかコレ、
●●●●●●が●●、ってオチじゃないよねぇ」

と言ったんですが…………



………そのまんま……でしたよ………。


あんまりドゥ!
と、
夫婦して、松尾芭蕉(@増田こうすけ『ギャグマンガ日和』2巻参照)のよーに
叫んでしまいそうなくらいです…!!



いえ、謎解きだけの映画じゃないので
いいといえばいいんですけど………


家庭内映画部的には、

あの宣伝はちょっと、と思う次第であります。


でも、絵的には非常にみどころの多い映画だと思いますが。


つれあいはショックのあまり、

「宣伝のおかげで、ラストがすっかり予測できて、
恐がりの私でも全然
怖くなく見られました★

…ってのはどうでしょう


と言い出す始末。


いや、どうでしょう、って言われても。
誰に対してどう配慮して言ってるのかその感想。



それにしても、ディカプリオって、
いいトシなのに、なんか「子どもが大人ぶってる」感が
抜けないなぁ…。
童顔というのも難しいものですね。
posted by 川原和子 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(2) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

夫の不興をかう

 つれあいは私と違い、マンガはあまり読まず、映画好きです。
最近は忙しくてなかなか映画も見られないようなんですが、
先日、珍しく

「今から、この映画を見ましょう」

と、輸入したらしきDVDをいそいそ取り出してきました。


なんか夫が嬉しそうだし、
せっかくだから付き合おう、と殊勝に思って
まったく何の映画かも知らないで
一緒に見始めたんですが……
ある程度見て、気がつきました。



………怪獣映画かよ!!!



…すいません、『クローバーフィールド』という映画でした。
予備知識がなかったので、
まさか怪獣映画とは思わず……。


でも基本、あんまり怪獣映画に興味がないうえに、
英語力もないのに字幕がない状態で映画を見ているうちに
だんだん眠くなった私がついうとうとしてしまったんですが、
ふと気がつくと、
夫は露骨に不機嫌になってました。



それでもなんとかガンバって最後まで見たのですが、
見終わった時点で夫から、

「映画を見ながら居眠りするとは…

まったく……あなたには、夢がないねえ…」

と冷たく言い放たれました。





………すいません。
たしかに、私には夢がないかもしれません。


……でも、
結婚以来、一度も浦安のテーマパークに(ランドもシーも)
行ったことがないことに気がつき、
たまには行ってみない?と誘ったとき、

「あんな害獣ランド !」

吐き捨てるように言ったあなたから
「夢がない」とか言われたくないんですけど………。


★★★
わが夫は、
なぜか昔から、宇宙人なんかが大好きで(SF好きでもあるためか?)、
宇宙人関連の本などをいそいそ集めていたりするのですが、
一方で、
あまりに言動が地球の基準からすると不思議だったりするため、
私の周囲の(一部の)人からは、「宇宙人」と呼ばれています。



まあ私も、

「そうか、夫は宇宙人だと思えばいいんだよね!!」
「いやぁ〜、宇宙の方は、なれない地球で、いろいろ大変ですよネ!! 」

などと考えてみたりもするんですが、
でも40年近くいたら、いい加減地球になれろ、とも思います。




まあそんなわけで、夫は浦安のテーマパークを

「あんな巨大な害獣がいるところは不衛生」

とか言うんですが。



……害獣言うな!!
地球ではあれがカワイイってことになってるんデス!!


…と、別に、特にあのキャラクターが好きなわけではないんですが、
心で反論してみるわたくしです。
posted by 川原和子 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

ハチミツとクロスオーバー(←?)

休日の朝、
夫が朝食にホットケーキを焼いてくれたので、

「ついでにそこにあるハチミツとってくれる?

と頼んだら、
夫は調味料の置いてある棚をじーっと見て、

「このラー油って書いてあるやつ?

と言い出しました。

「いえ、それはラー油です。
…ってか、
ラー油のビンにハチミツが入ってるわけねーだろ!!」

と切り返すと、夫曰く、

「いや、遣い終わった容器を洗って、
ハチミツいれてるかもって思って…」

「なんでだよ!!
あんたの妻がそんなにマメなわけネーだろ!!」
「どんだけ素敵な奥さんなんだよ私は!!」


…とツッコみましたが、
…そういえば……私の実家では、
お茶か何かを飲もうと
冷蔵庫に入ってたお茶のペットボトルに入ってた液体を
コップに注いで飲んでみたら
母が作り置きしたらしきだし汁だった、
みたいな惨事が…よく…あったことを…
思いだし……まし…た………。


…ま、ハチミツとラー油…
色は…ちょっと似てる…かナ?(←歩み寄ってみた)


………でも、
ハチミツは、
入れ替えねーだろフツー!!





…なんか、朝からどっと疲れた気がしました……。

ハチミツをつけて食べた
ホットケーキは
美味しかったです。
posted by 川原和子 at 12:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

全裸にあらず。

9月10日のエントリで、夫のくだらない所行について書きました。


が、最初、「全裸じゃなく、着衣でした」ということを書き落としてしまい、読んでくださったけっこう多くの方が、「全裸」でやった、と思っておられたよーです。



……いや……
……さすがに、……全裸で両手をかかげて、
「マ――――ズ!!」
とかやられたら……笑うというより……いくら夫婦でも……引きますから……。


ダダカン師の域まで達しないと、全裸は許されなさそうです。
●たけくまメモ
2007/09/10
ダダカン再訪記−藝術仏の近況
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_9303.html



★★★
ちなみに、私がうっかり誤解をまねく書き方をしたので、当事者の夫は、


「いくら私がおませな中年だからって!!


と、憤慨してました。





おいおいおい…………
……おませな中年ってなんだよ………老人?
それ、なに目指してんの?
なんのつもり?


…等々、さまざまな思いが胸に去来しましたが、口には出せませんでした。


………なんだか、夫の心を、見失ってしまいそうです。
posted by 川原和子 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

不覚にも

 先日、夫がシャワーを浴びた後、ほてった体を冷やしたいらしく、エアコンの前に仁王立ちになっていたのですが、何を思ったか、おもむろに両手を挙げて、


「マ――――ズ!!」

とひとこと叫んだあと、


「でも、大事なところは隕石で隠れてるの


と片手で股間をおさえつつ呟いたので、………不覚にも……爆笑してしまいました……。




よ、横山光輝『マーズ』1巻の表紙ネタかよ……!!




いや。
ヒジョーにくだらないネタなんですが、……夫は映画とSF好きですが、マンガにはそんなに詳しくない、とちょっと侮って(?)いたので、意表をつかれたぜ…。
……くっ……不覚…ッ!!


※あ、ちなみにつれあいは、全裸ではなく着衣でした。
念のため。

★★★
私が中学生の頃、放映されたアニメ「六神合体ゴッドマーズ」は、横山光輝の「マーズ」が原作、と言いつつまったく違うお話でして、私はこのアニメに見事にずっぽりハマったのですが(過去のエントリでも触れたことがありますが)、それはそれとして、横山版「マーズ」もとても面白く読みました。
シニカルなラストが、ホントすごいッス。
未読の方は、一読の価値ありです。



……って……いやあのう、後半は真面目に語ってしまいましたが、あの、ホントに……くだらない話で……申し訳…ありませんでした……ッ!!



マーズ (1)
マーズ (1)
posted with amazlet on 07.09.10
横山 光輝
秋田書店 (2000/09)
売り上げランキング: 152557
posted by 川原和子 at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

パソコンがクラッシュ

先日、ノートパソコンを移動させようとして、誤って落としてしまいました。
ひええええええええええええ。


 パソコン関係の仕事をしている夫の目の前でこの事故が起こったのですが、なんと、夫の足の指にもマシンが激突。
あわてて、

「足、大丈夫?」

と言ったのですが、この不始末は夫の理系魂にいたく障ったようで、


「足なんかどうでもいいんです!!」

「精密機械を落とすなんて…!!」

「だいたいあなたは、なんでも扱いがぞんざい!

と怒られました。
これを聞いて私も思わずムッとし、


「わざとじゃねーよ!!」

と逆ギレ。



「私がマシンの扱いがぞんざいなら、お前は、

妻の扱いがぞんざい

なんだよ!!」

という売り言葉に買い言葉の、絵に描いたような(?)醜い夫婦ゲンカになったのでございます………。
……二次災害で、大惨事です!!


 ちなみに、この事故でランカードが凹んでしまったためネットにつなげがらなくなり、どうなることかと思いましたが、その後、夫が長いランケーブルを買ってきてくれたので、現在こうしてネットにアクセスできております。


一時は、つかいものにならなくなったランカードが宙を舞った(実話)ほどのケンカでしたが、夫婦仲までクラッシュしないことを…祈りたいと…思います……。
posted by 川原和子 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

笑いのツボ

 日々、頼まれもしないのに果てしなきマンガ(読み)道を歩み続けるわたくしですが、つれあいは私ほどマンガ好きではないので、たまにしかマンガを読みません。
しかし、何作かはお気に入りマンガがあるようです。



 先日、つれあいがニコニコしながらマンガを読んでいたので何?とのぞいてみると、増田こうすけ『ギャグマンガ日和』(集英社)でした。
うん、たしかに『ギャグマンガ日和』、面白いよね、と思いつつ別のことをしていたら、わはは、と笑い声が。


「えっ、なになに?どこが面白かったの?」

と思わず尋ねたところ、夫の答えは、


「この、聖徳太子が投げて割れた湯のみの破片が自分にささるときの、

『ジブリ』

って効果音と、ささった聖徳太子が

『はやお――――――!!』

って叫ぶところ」


とのことでした。







……………へぇ……………そこなんだ…………………。



………いえ、面白いですよ?
面白いですけど…………。



………なんとなく、夫との距離を感じた瞬間でした。


ちなみに4巻55ページです。
ギャグマンガ日和―増田こうすけ劇場 (巻の4)
増田 こうすけ
集英社 (2003/05/01)
売り上げランキング: 28252


※追記。(4/15)
「え?その部分、面白いのでは?」
「ダメ?」
というお言葉を、数名の方からいただきました。



いえ………もちろん面白いんですけど……

きら星の如きギャグの数々の中から、よりにもよって、

「ジブリ」
「はやお――――!!」

なのかよ!!
そこかよ!!

…という、なんともいえない脱力感が………。



とはいえ、現在我が家ではなぜか自然に、どちらかが

「ジブリ」

とつぶやくと、もう一名がすかさず

「はやお――――!!」

と叫ぶ、というルール(?)ができました……。
すいません(←誰に対してかわからないがなんとなく謝る)。
posted by 川原和子 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

実にどうでもいいことですが

 今朝、夫が、

「高等遊牧民になりたい…」

とつぶやいていました。



………夫婦といえど相手の胸の内まではわかりませんが、おそらくあなたのなりたいものは、

高等遊民

じゃないかと思うんですが……。


高等遊牧民。
…日本では……難しいかナ……。
ニュージーランドあたりでなんとか。

でも高等って一体、どんな遊牧民??




高等遊民
Wikipediaによると、漱石先生の造語だそうです。ストレイシープ。

posted by 川原和子 at 21:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

もたれ寝ネコ画像

 最近、ネコ好きのつれあいが外出した際、

「タイヤ屋さんの店先でタイヤにもたれて寝てるネコがいた」

と、写真をとってきました。

chubu01.JPG


…き、気持ちよさそう…。
かわいい………。



すると後日、さらにつれあいから

「あのネコ、タイヤって名前らしいですよ」

との情報が。


あはは!!
タイヤ屋さんのネコだから、タイヤ!!という非常にストレートなネーミングが自分でも意外なほどツボに入り、


「ダハハ!!タイヤ!!
いい名前だ!!
かわいいやんけ!!」

と、あとから考えると我ながら不思議なほど爆笑してしまいました。
するとまさにそのとき、デジカメをのぞいてたつれあいから、

「あ、違った…名前、チューブだった…」

と訂正が入りました。


……………………………。

……………………………。
……チューブ………ですか……。





ウン、ま、………それもいいかもね…。
チューブ……それも……ウン、かわいいよね……。
…っていうか、まちがった情報に、あんなにウケてしまった私の立場は……。
夫よ……微妙な誤報を……流さないでくださいよ……。



(気を取り直して)そんなチューブちゃんの証拠写真は、こちら。↓
chubu02.JPG


年齢が強引に書き換えられてるところもイイですね。
posted by 川原和子 at 08:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

北海道みやげ

 北海道に出張していたつれあいが、先ほど帰宅しました。
開口一番、

「ホテルのシャワーはお湯がよく出ました」
というので思わず、

「じ、自分ばっかり、痛いほどのシャワーの勢いを満喫したのだな、満喫したのだな!」

と、おそろしい感じの言葉が口をついて出てしまいました。


すいません…。
なんせ、引っ越したばかりの我が家は、水とお湯の勢いがすごく弱いので、シャワーも夫曰く「なんとなく共産圏のホテルみたい」な、遠慮がちな勢いなので…ついうらやましくて…。
(詳しくは、10月27日の日記「今、そこにある危機」をご覧下さい↓)
http://mangalove.seesaa.net/article/26251236.html


「ホテルは、お湯もすぐに溜まるしなあ…」
とたたみかけるように言われ、

「ぬぁにぃ〜、バスタブにお湯まで貯めたのですね、貯めたのですね!」
「湯水のように湯水を使ったのですね!」

と、うらやましがること子供のごとし。
いや、こんな邪悪なうらやましがりかたはしないか、子供は。
…それより、疲れをねぎらおうよ、自分…。


そんなわけで(と、気を取り直して)、夫がお土産を買ってきてくれました。


JAGAPO01.JPG

カルビーのじゃがポックル。
出張先の社内でたいへん流行していたそうですが、空港で探してみたら、「お一人様一つまで!」みたいなかんじで売られていたそーです。
大人気?
さっきちょっと食べてみましたが、かなりじゃがいもの風味が本物っぽくて、うん、これは美味しいです。



 つれあいは初めて北海道に行ったそうですが、禁煙のところばかりで参った、と言ってました。
空港も飲食スペースは禁煙で、コーヒー飲みながらまったり喫煙、とかできない、とのこと。

へー、今はそうなんだ。


私は北海道、10数年前に一度だけしか行ったことはありませんが、街がきれいで、すごく好感をもちました。
また行ってみたいものです。
痛いほどのシャワーも浴びたいです(←これは別に北海道じゃなくても)。
posted by 川原和子 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

「ちょいワル」って、一体…?

風邪をひいてしまい、ものすごい勢いで咳き込んだりしている川原です。ゲホ。
そんななので、つれあいのネタでお茶をにごします。すいません。


先日仕事でイベントに出展し、その後の飲み会で一緒に仕事をしたイベント・コンパニオンのおねーさん(23歳)と飲んだというつれあい(37歳)。


23歳!!若ッ!!すごッ!!


…となぜかコーフンし(なぜだ)、「どどど、どんなことお話ししたの?」と聞いてみたところ、

「イベント会場になぜかメイドさんがいたので、『スカートの短いメイドさんは邪道!』とビシッと教えておいた!年長者として!」

となぜか満足げに語るつれあい。
……23歳のギャルに…他に言うべきことは…ないんですか…?


私「なんかこう、もっと違う話題はないわけ?」

夫「って、何を話せと?」

私「いや、よく知らんけど、なんかこう、ちょいワルオヤジ風?みたいな?(←よく知らないので自信なさげ)」

夫「ちょいワルって、万引きとかするの?」

私「いや、それ『ちょい』じゃないから。かなり悪いから。」

夫「じゃあアレ?ばっかり食いするとか?」

私「うん…バランス良く食べないとね…って、それはそうだが、そうじゃないだろう」

夫「いちいちうるさいなあ…ちょっと危険な話題ならいいわけ?」

私「あ、なんかそれっぽいね!それ!そのライン!」

夫「じゃあ、インカ帝国の初代皇帝の名前は?ってどう?」

「絶対やめとけ」



…それにしても、ちょいワルって、いったいどんな人のことなんだろう…と遠い目で考えたわたくしでした。ゲホ。

★参考:インカ帝国初代皇帝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF
posted by 川原和子 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫よ…!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。